一戸建てと集合型の違いとは

一戸建てを借りて住みたいと思うなら、その特徴やアパート・マンションとの違いを理解しておかなければなりません。

まず、戸建の最大の特徴、またアパート・マンションとの最大の違いは、上下階、左右の隣家への音を気にしなくていいということです。

アパート・マンションに住む場合は、上の階や下の階に住んでる人、また左右の部屋の住人に配慮して、騒音が出ないように注意する必要があります。

戸建の場合ももちろん騒音を出してはなりませんが、アパート・マンションに比べれば隣家への音の響きは小さいので、ピアノを弾くこともできますし、子供をのびのびと育てることもできます。

また戸建なら、ガーデニングや家庭菜園を思う存分楽しむこともできます。

アパート・マンションでもいくらか楽しむことができますが、規模は限られたものになります。

一方戸建なら、本格的な規模で楽しむことができます。

ただし、戸建賃貸の場合は、町内会への加入が必要になります。

アパート・マンションではその必要性がありませんが、ゴミの収集場所の使用許可を得るために、戸建賃貸の場合は町内会への加入が求められます。

以上、戸建と集合型の違いをピックアップしました。